2015年1月アーカイブ

こんにちは。李重雄です。


アプロ総研はEC運営代行がメイン事業です。
その他にも3Dプリンタの設置やコンサルティングなど幅広くやっていますが、今後はもっとEC運営代行に特化して行きたいと思っています。


何故、運営代行なのか4つの理由があります。

1.EC業界の成長産業です。現在の市場規模は10兆円。
経産省のデータによると、個人消費の中で2番目に大きな市場です。
まだまだ成長市場です。
市場が成長すると色々な職業が誕生します。その中でアプロ総研はEC運営代行に着目しました。


2.ECは構築してからスタート
ECサイトはオープンしても様々な対策が必要です。
ECサイトの目的は売上を上げる事、それに一番近い形が運用代行だと思っています。
またWEB制作だけだと構築後のトラブルが多いです。
制作会社、お客様のITリテラシーの問題と思っています。
トラブルを起こさない形にする為にも運営代行です。


3.労働集約型ビジネスモデルの挑戦
運営代行は安定的にドライブするビジネスです。
WEBサービスで一発当てる前に、安定収入を見込める事業をやりたかったです。
現時点では安定的になってきました。


4.師匠が運営代行で成功している。
私にはメンターが居ます。プリン王子が運営代行で大成功しています。
業種が違うだけで同じ運営代行です。
困った時に相談出来るのが最大の強みです。


小さな勇気で成功!

こんにちは。李重雄です。


嬉しい話で多くの方がブログを見てくれています。
ありがとうございます。
これからも見てるよって声かけてください。励みになります(笑)


もう少し頻度を上げていきます。
なのでもっと褒めてください(笑)


アプロ総研はおかげさまで増員しようと考えています。
その為、人材会社とやり取りを数社としています。


人材会社はこれまでの知り合いの会社、タイミングよく連絡くれた会社、ネットでこちらから問い合わせした会社など様々です。
弊社に接し方も様々です。
良く考えたら担当営業さんは全て20代な気がします。
若いなー。って自分がつくづく年取ったな~って感じちゃいます><


営業スタイルを見ていると地域差があるような気がしています。
東京本社の会社はスマートで、大阪の会社はコテコテです。
個人的にコテコテが好きなので、大阪っぽい営業されるとついつい契約しそうになります。


今回は複数の会社さんから選択するポジションにいます。
大阪っぽい営業が好きって言いましたが、それ以外に営業の提案の仕方や接し方って凄い大事だと感じます。
だって提案内容が良くて人間的に好きになれないと、契約する気になりません。


アプロ総研も営業していく立場になる事があります。その為に気を付けたいと思ったのが2点です。
1.圧倒的な商品力を持つ。営業のスキルに左右されない商品
2.営業はお客様の気持ちを理解して提案できるようになる。人間力をつける。


今日はこんな感じでおしまい。

こんにちは。李重雄です。

2015年が始まりました。
今年もよろしくお願いします。

元旦に今年の目標を設定したいと思います。
総括すると2015年は基礎作りの1年にしたいです。

1.EC運営代行の強化
2.新規事業スタート
3.自社サイト強化

1.EC運営代行の強化
まずは2014年を振り返ってみます。
社員数を増やしてEC運営代行に注力しました。
色々な苦労がありましたが、増やして大正解でした。

アプロ総研の強みは作業の分業制です。
ひとつの案件に複数メンバーで対応する仕組みを構築しています。
今後も社員数が増えても分業制度を維持できるように体制強化を行っていきます。
まだまだ理想形には到達出来ていません。

社員数は今年の倍くらいにしたいです。その為に作業の見える化を進めて分業制を進めていきます。

2.新規事業スタート
EC運営代行をやっていて、気づきました。
今のEC業界は問題があります。
業界全体の問題解決の為、新規事業に取り組んでいきます。
去年もビジネスコンテストで少しだけ発表しましたが、今年スタートします。
詳細の発表は楽しみにしててください♪


3.自社サイト強化
年末の社内会議で決まりましたが、HPを強化していきます。
「お客様の声」なんて1年間放置しちゃいました(笑)
今年は強化していきます。
新しい企画も色々と出てきました。楽しみにしていてください♪

2015年も株式会社アプロ総研をよろしくお願いします。

EC王になる!



このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ