shopifyパートナーに発注する時の注意点

こんにちは。アプロ総研代表の李重雄です。

shopify人気が続いていますね。shopifyパートナーに発注したけどトラブルになったと聞くようになってきました。
あ!勘違いしないでください。トラブルが多いからshopifyパートナーがダメって事ではありません。どのサービスを作っても一定数トラブルはございます。

仕事を発注する時に、shopifyパートナー選びの注意事項をご説明します。

その前に今回は先に結論を言っちゃいます。
我々、アプロ総研に相談すれば問題解決です♪

はじめてECのサービス案内はこちら

shopifyパートナーって何

shopifyパートナーは法人、個人でも誰でもなれるパートナー制度です。

申込はこちらから
https://www.shopify.com/jp/partners

サイトを見ると下記のような記載があります。

Shopify パートナーとしてマーチャントの成功を支援しましょう
Shopifyに新しいマーチャントを紹介し、ビジネスの立ち上げ、販売、マーケティング、管理に役立つソリューションを提供するうえで重要な役割を果たしましょう。

shopifyパートナーも色々な種類があります。構築サポートする、アプリを開発する、テーマを開発する・・・。種類は沢山ありますが、全てshopifyパートナーになります。

基本的にshopifyを利用してビジネスを行いたい人なら、どなたでも申請する事が可能なんです。shopifyパートナーの中には経験豊富な人から初めて行う人まで幅広いメンバーがいます。
shopifyパートナーに仕事を発注すると色々なレベルがいると言う事です。そこから皆さんにマッチするshopifyパートナーを探すのは指南の技です。
ご安心ください。そこは我々アプロ総研に発注する事で問題解決です♪
もちろん、我々にお任せする事で問題解決ですが、それ以外にも良い方法がございます。

発注するならShopify Expertsパートナー

shopifyパートナーの中で上位企業は、「shopfiyエキスパート」になります。
仕事を発注するなら、「shopfiyエキスパート」企業がおススメです。
もちろん、アプロ総研も「shopfiyエキスパート」です。

shopfiyエキスパートになるには、5件以上の構築件数とshopify側の審査に通過する必要があります。審査方法は非公開です。詳しくはわかりません(笑)

shopifyパートナーより、shopfiyエキスパートが構築経験など豊富である事は間違いありません。

アプロ総研が「shopfiyエキスパート」になった時の流れを説明します。数年前ですので、今と違うと思いますが。。。

1.shopifyパートナーに登録
2.shopify構築案件を6件構築完了&3件構築中
3.気づいたらshopifyエキスパート
shopifyパートナー登録からshopifyエキスパートまで3か月程度でした。
気づいたらと書いたのは、我々のお客様からshopifyエキスパート企業一覧に掲載されていると教えてもらいました。
多分、ちゃんと連絡ももらっていたと思うのですが、気づいていませんでした。。。

「shopfiyエキスパート」一覧は下記からご確認ください。

https://community.shopify.com/

アプロ総研以外にも沢山の名前があったと思います。
ちょっと極端な言い方ですが、shopifyでしっかり事業をやってる場合は「shopfiyエキスパート」になれます。shopifyが強いと言っていて、「shopfiyエキスパート」でない場合はちょっと不安です。
仕事を発注する時に「shopfiyエキスパート」から選んで頂く事が手堅い選択肢だと思います。

shopifyパートナーの人が悪い訳ではございません。凄い優秀な人も沢山いるので、絶対にダメとは思っていません。失敗する確率が高いだけです。しっかり目利きが出来る場合は問題ありません。
結局、相性がとても大事です。相性が合う人と選んでください。

shopifyでのトラブル回避方法

shopify構築を発注する時に、トラブルを避けたいですよね。トラブルを避ける為に注意事項を説明します。

李重雄はお客様にECサイト構築は車を買う時と同じだと説明させてもらっています。車を買うと言っても、軽自動車、高級自動車、中古車、新車、バス、トラックなど色々な切り口があります。
切り口の違いによって、数十万から数千万から100倍以上の違いがあります。

一般的なECサイトの機能があれば良いと聞きます。ここを掘り下げる必要があります。車を買う時に入れる機能があれば良いと言われたら先ほどの例であげた自動車全てが当てはまりますよね。

トラブルを回避するには、具体的にイメージをする必要があります。

トラブル回避する為の質問は、この3つです。

1.具体的なイメージが出来るか

shopifyパートナーなshopifyエキスパートの中で、構築イメージが具体的になるか確認を行ってください。


2.サイト構築事例で自社担当部分を明確に説明できるか。

ECサイト構築を行う場合ですが、1社だけで全て行っていない事があります。
特に多いのが、写真撮影、商品説明文などはお客様が行っていたり、別会社にお願いしてたりする事があります。
自社が担当していない部分をしっかり説明できる人は信用できると思います。
この大手企業の案件に携わったと聞いた場合に、掘り下げると本当に1部分しかやっていない事など多々あります。

3.shopifyのバージョンアップ対策はどうするか

本当にshopifyの事は詳しいですか?と聞いてもらうだけで問題ありません。
しかし、ちゃんと回答してくれない可能性があります。その時に行ってほしい質問内容です。
shopifyのバージョンアップ対策はどうしますか?

この質問にしっかり回答を頂ける場合は安心してください。回答内容が理解できなくても、堂々と回答しているか確認してもらうだけでも大丈夫です(笑)

まとめ

shopifyパートナーに発注するなら、失敗してほしくありません。EC業界の発展の為にも良い出会いをしてください。
最近、アプロ総研にくる案件の中で数件はshopifyパートナーとトラブったと聞きます。
shopifyパートナーが一方的に悪いと思っていませんが、お互いがアンハッピーだったのは事実です。

少しでも皆様のハッピーを応援出来たら嬉しいと思って、今回は書かせて頂きました。

何度も言いますが、アプロ総研に発注する事が一番良いと思っています。しつこいですねが、本心です(笑)

我々の「はじめてEC」サービスは、これからECサイト運営をやっていく皆様に最強のサービスだと思っています。
弊社のテーマに沿ったサイト構築なら構築費用は無料で、月々の運用サポートのみです。気軽にご連絡お待ちしております。

はじめてECのサービスはこちら

「はじめてEC」で一緒に成長する皆様との出会いを楽しみにしています。

前へ

楽天RMSとは?

次へ

ネットショップの商品説明の重要性