「shopify 売れない」と言われてる本当!?

こんにちは。アプロ総研代表の李重雄です。

今回は最近の噂で多い「shopify 売れない」と言われている部分を検証していきます。

多分EC関係に詳しい人なら、すごい違和感があるワードだと思います。

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長してる「shopify」ですが、本当はどうなんでしょう。

我々は、Shopify Expertsとして2020年から活動しています。
※Shopify Experts(エキスパート)とは、Shopify公認のEC制作会社の事です。

shopifyとの出会い

アプロ総研は2012年からEC運営代行を行っております。
その中が数多くのECカートを扱ってきました。
フューチャーショップ、EC-CUBE、メイクショップ、カラミーショップ、ショップサーブなど日本のECカート以外にも海外のECカートも携わっていました。
その中で印象に残っているのが「Magento」です。マジェント案件は色々と苦労しました(笑)

数多くのECカートを利用させてもらい沢山の経験をさせて頂きます。
お客様により良いサービスを展開したいと思い、カートサービスを数点だけに絞ろうと決めました。
たしか2018年頃だったと思います。


フューチャーショップが一番多く携わっていたので、すぐに決まりました。
海外ECカートも調査しました。
その時に絞った3つが
shopify」「Magento」「BigCommerce
でした。

「shopify」はちょうど日本人担当も採用したと聞いたので、東京まで会いにいきました。
「shopify」イベントにも参加したのですが、カナダ総領事も参加していました。
国をあげて応援してる企業だと確信しました。

そうなんです。最初は機能うんぬんと言うより総領事がいたからです(笑)
不純な動機が大好きです。この選択に間違いはありませんでした♪

売れないshopify運営店舗がやってる3つの間違い


shopify 売れない」と言われている事に李重雄は違和感をもっています。

理由は簡単です。
売れる、売れないの理由でECカートに依存する事は少ないからです。
もちろんECカートによって売上は変化します。
しかし、それが最大の原因である事は少ないです。

・大人気店舗が東京の有名百貨店にどこに出店しても大行列になると思います。
・人気美容師が表参道で店移動しても、多くのお客様は一緒に店舗を移動すると思います。
・世界で大人気ホテルが日本進出したら、みんな泊りにいくと思います。

もうお分かりだと思います。
売れる、売れないはその店舗の実力です。
売れない事をshopifyが原因だと逃げてるだけの事が多いです。

皆さん、勘違いしていないでください。
ECカートによって、売上が左右されるのは事実です。

それは売れてるサイトが問題解決を行う為にECカートを変更する場合です。


「shopify 売れない」と言っているサイトさんがやってる間違い3つを紹介します。

1.集客が出来ていない

李重雄のセミナーで毎回言うてる事があります。ECサイト運営で一番大事なのは「集客」です。
集客が出来ないと何も始まりません。
売れる、売れないと言う問題以前です。

shopifyはSEO対策が強いと言われています。ここも良く考えてください。
対策が強いって事は準備してる事の結果が出しやすいという事です。
何も準備していないと、SEO対策もありません。

ECサイト以外にも、SNSを利用、口コミ、リンクをはってもらう・・・
やる事は沢山あります。

集客対策を詳しく知りたい場合は、李重雄のセミナーに参加してください。
Twitterをフォローして頂くとセミナー案内なども告知します。

李重雄のTwitterはこちら

2.目標設定が具体的に出来ていない

皆さん、イメージしてみてください。
・早く走る為に練習する。
・来年5月にある全国大会で100M、200M走に出場して両方ベスト8に入る。

どっちが練習内容が具体的に想像できますでしょうか。後者だと思います。

早く走るよりだけだと短距離が長距離が具体的な行動内容がわかりません。
来年5月と期日が決まっている事がスケジュールが明確になります。
ベスト8に入ると言う事で、数値目標が明確に出来ます。

ECサイト運営を行う時に目標設定がなく作業内容が曖昧になっていませんでしょうか。
具体的な数字目標、スケジュール、行動内容を決めてください。

目標設定を明確にしない方法もありますが、それは別の機会で説明いたします。

3.shopifyの事を勉強していない

売れないサイトを運営してるサイト様で一番多い理由だと思います。
shopfiyの事を勉強していません。

売れない → 勉強する気にならない。

この気持ちをとても理解します。
しかし、売上有無は皆さまの事業で一番大事な事ではないでしょうか。

売れないECサイトのままで良いのでしょうか。
売れないECサイトを卒業する為にshopifyと戯れてください。


売れないshopify店舗を卒業する為に行動しちゃってください。

shopifyの凄いところ2つ

李重雄がshopifyと携わってみて、本音のレビューをします。

一言で表すと「10年前の電気自動車」と言うています。

???と思った方すいません。

わかりづらくて、すいません。。。

10年前に電気自動車がこんなにも普及するとは誰も思っていませんでした。

ガソリンスタンドが無くなっていくと、誰も予想していませんでした。

時価総額では日本の大手自動車メーカーがテスラにごぼう抜きされちゃいました。

shopifyも10年前の電気自動車と同じ境遇だと思っています。

10年後には圧倒的なシェアを獲得してる可能性がとても高いです。

※もちろん失敗してる可能性もあります。



shopifyが本当に凄いって思っている部分が沢山ありますが、今回は2つあげていきます。

1.アプリが豊富

 Shopifyアプリの考え方はスマートフォンと同じです。Instagram、YouTubeなど多くのアプリがあるので、スマートフォンを利用していますよね。shopifyも同じで本体のshopifyに自由にアプリを追加できるようになっています。この2つの関係性は切り離されています。

※これは悪い点もあるのですが、利点が圧倒的に多いです。

shopifyの本体を作る中の人、アプリを作る世界中の人々の構図になっています。無数のアプリが作られていきます。李重雄が良く使うアプリもベトナムで作られたアプリを使っています。中の人が思いつかない機能とかも外部の人達が考えて構築できます。より良いサービス作りのエコシステムがしっかり構築されています。

2.shoppayが凄い

これまでECカートでは住所情報、決済情報を順に入力して購入していました。会員登録したら省略出来るので便利になると訴求していました。shoppayを導入すると、初回購入から入力の手間を省け数クリックで購入出来ます。

日本でもAmazonPAY、PAYPAY、メルPAYなどがあります。バーコード決済がフォーカスされている事が多いですが、〇〇PAYは決済情報、住所情報を保有したサービスです。

決済方法が浸透する事でヘッドレスコマース時代に突入しても、スムーズな対応が可能になります。

まとめ

いかがでしょうか?

「shopify 売れない」の矛盾が皆様と共有出来れば幸いです。

フューチャーショップなど、日本のECカートも素晴らしいものが沢山あります。

今から新規でECサイトを初めてみるなら、shopifyがおススメだと思っています。

アプロ総研がやっている「はじめてEC」サービスでshopifyデビューしましょう。

https://www.apro-soken.co.jp/hajimete-ec/shopify/

前へ

ecサイトの作り方 ドメイン編

次へ

楽天RMSとは?